BLOGブログ

結婚相談所

2019/11/04

BLOG

ラブラブ期間が冷めたらどうするのか






こんにちは!


マヴィ安田です。


やっと秋らしくなってきました。というか、夕方は寒い!


本当にね、極端に急激な気温の変化に風邪をひいている方が多いです。ご自愛くださいね。



さて、今回のテーマ。意味深ですね。




婚活をスタートし、何人ともお見合いをし、交際しそして結婚へゴールイン。


そしてそこから2人の人生がスタートします。


そうですゴールじゃないんですね、婚活はシュートが決まってゴール!でもそこからが始まりなので


ラブラブな人生が始まるんです!


とは言いません。


ラブラブ気分は大切ですが、沸騰してたお湯はいつか冷めます。


冷めてしまったお水は捨てるしかない? じゃあ何のために結婚するのか?


そうではなく、ラブラブ気分が落ち着いた時に今度はどうしたらいいのか。


そこで愛着みたいなものが残ると思うのです。 情、というのか。


例えば、


お気に入りのジーンズ。 何年も履いてたらクタクタになって、でも愛着が湧いてきて捨てたくないものです。


新しいジーンズ買おうかな?と冒険しようと思っても愛着があるものの方が落ち着く。


それがないと落ち着かない。 赤ちゃんのお気に入りのタオルみたいなもの。



その人がいないと心が落ち着かない日常になって行く、そういうことだと思います。 


しかし、愛情を育てることは、相手を異性としてだけでなく人間として尊重できているか、がキーだと思います。



例えば女性を性的対象としかみていない男性は、だいたい、ラブラブ期間が薄らいできた頃に冷めてしまう。



それは、相手を人間として尊重していないからです。 そういう男性は年齢を経るにつれ女性を「ただのおばさん」として扱ってしまう。 自分は(加齢臭ぷんぷんの)「おじさん」なのに、です。



もちろんその逆もあります。自分のタイプではないけれど高収入の男性と一緒になった女性。 


男性の仕事がうまくいかなくなり収入が激変した時、または、会社が倒産しちゃった。 そんなことだって人生には起こります。


そんな時、条件以外に価値がなかったわけなので、もう男性と一緒にいる意味がなくなってしまう。  悲惨ですね。


ですので、お互いを尊重できそうなのか?という点で交際してみましょうと申し上げたいです。



尊重の先には人間愛が残ると思います!




【】結婚相談所