BLOGブログ

結婚相談所

2020/01/06

BLOG

新年おめでとうございます。令和2年の初ブログは、日本人男性と外国人男性はどう違うのか?という件にお答えします









新年おめでとうございます。


 


今年もマヴィ結婚相手紹介所をどうぞよろしくお願いいたします。



ご存知ない方へ。



東京都新宿区で、7期目を迎えるマヴィ結婚相手紹介所は、日本人の男女同士を結ぶお世話はもちろん、外国人と日本人のお見合いもお世話しています。


 


今年は東京オリンピックパラリンピックの年となり、海外からたくさんの方が来られますます国際的な交流が良い方向へと進んで行けば良いなあと思うばかりです。 


 


(ここからちょっと余談ですよ)


 


日本は小さい島国で、その昔は極東(Far East)などと呼ばれていました。


 


太陽が昇ってくる地球のはずれのずっと東に、日本っていうちっちゃい島があるんだよ、って西側諸国の人たちは言っていたのでしょう。


 


それって本当に悲しいくらい『上から目線だなあ』と子供心に思っていました。


極東って言葉もとても寂しい感じでした。


 


しかし、東のはずれにあった小さい島、日本はアジア諸国のリーダーとなり大国となりました。


 


しかし、外国人が注目されてしまうような傾向は変わらずでしたが、


 


 


この数年、日本を訪れる人たちがどっと増えたため外国人に違和感を持たなくなりつつあります。


 


 


活躍しているアスリートも日本人と外国人の間に生まれ優秀な遺伝子を持つ人も多いです。


 


 


前置きが長くなってしまいました。。


 


そこでよく聞かれること。


 


どうして外国人男性をパートナーに選んだのですか?


 


どこで知り合ったのですか?


 


そして、


 


外国人男性と日本人男性はどう違うのですか?


 


という質問です。


 


私は、たまたま自分に合っていた人が外国人だったということで外国人でないといけないと思っていませんでした。


 


だって、外国の人が日本にいる目的のほとんどが、仕事、つまり働きにきてる人がほとんどだったので


たとえ恋に落ちたとしてもいつかは母国へ帰ってしまうのだというアタマがいつもありました。


私は愛国心があり、仕事や休暇で海外を見てきてこんなに安全な国はないと思っていたので、外国に住むことは少し抵抗があったのですね。


言葉の壁や宗教的なこと、外国人と暮らすと面倒臭いことが多くなります。


 


それでも最終的に外国人を選んだのは、


ぶっちゃけ、


自分が日本的な「察する」ことが不得意な人間だったからかもしれないです。


 


「言わなくてもわかるだろ」という日本の文化に違和感を覚え、


議論したい人間だったので、


日本人男性はお手上げ状態で逃げていきました。


でも日本以外の(アジアの一部以外)男性は、私の意見を聞いてくれて、受け入れてくれたのがとても嬉しかったのでした。


 


そして、女だから、女のくせに、という考えを持たない人が多かったのも事実。


 


ある1人の人間の意見として聞いてくれるのが嬉しかったのもあります。


 


逆に言えば、自分の意見を持っていない人や、


「これについてどう思う?」と聞かれた時に「えーーーわかんないなー笑」 と、自分の意見をとっさに言えない人は、


日本人男性からしたら問題ないけれど


外国人男性にとって魅力的ではないかもしれません。


 


人によって自分の好きな認められかたは多種多様なので、これは一例です。


 


ご参考にしていただければと思います。


 


最後までお読みいただきありがとうございました。


 


そして、今年もよろしくお願いいたします!

【】結婚相談所