BLOGブログ

結婚相談所

2020/02/24

BLOG

自分の恋愛のクセを知る!






癖ってありますね。




こんにちは!



マヴィ安田です。



今回は、恋愛における自分のクセについてです。



今までカウンセリングさせていただいた方々を見てきて思うのが、



恋愛にもクセがあるということ。



無くて七癖 という諺がありますが、



例えば考え事をしている時に爪を噛む、



イライラすると頭を掻いてしまう。



嘘をつくときに伏せ目がちになってしまう。



そう、気づきました? クセというのは全て自分の考えとは別に「無意識に」現れるものだということ。 特に、ボディランゲージに出やすいです。



「あなたは都合の悪いことがあると目をパチパチするよね」などと言われて


え!!!! (なんで知ってるの)と慌てる。


または、嘘をつく時って二度言う。


「今日遅かったね」


「あ、残業残業」  


と、言うように嘘つく時ってなぜか言葉を二度繰り返すらしいのです。
(なんとなく、わかります)



無意識に出てしまうクセは、外見の動作だけでなく、恋愛している時の行動にも現れてしまいます。



例えば、



自分の中では(真面目で誠実で、毎日仕事が終わったらまっすぐ帰宅してくれる人と一緒になりたいです) と、思っているのに



自分が実際に選ぶ相手って、


見栄っ張りで自分の買い物ばかりしている派手なチャラ男だったり



(親分肌で私を引っ張ってくれる頼もしい男性と一緒になりたいです)というのに



気弱でオドオドしているけど、性格は優しい、でもなんか頼りない男性を選んでいる。



なんでなのよおーーー



と、叫びたくなるほど、自分が求める男性と真逆になるのは、



全て自分のせい。



頭の中の理想と反する自分のクセなのかもしれない。



(真面目な男性と早く結婚して子供を産みたい) というある女性は、



妻子ある男性に惹かれてしまうクセがありました。



要は、頭の中では真面目な男性と一緒にならなくては自分は不幸になってしまいそうだ。 と思う理由に



「スリリングな不倫の恋愛って楽しいよね、って思うクセ」 
がもう既にあるのでした。



先述の、オドオドした男性しかこないのよ! という女性は



強い男性に好かれたいと思うのに



男性の前に出ると


(隙を見せないようにしないと、男性に騙されないように)



と考えてしまうクセがあり、



結果、しっかりした隙のない女性を演じ、



しっかりした女性を頼るちょっと気弱なオドオド君が寄ってくる。



そう、なんでうまくいかないのだろう? って感じたときは



自分の恋愛のクセを考えてみてはいかがでしょうか。



クセってどこからきているのか、クセはあるけれど自分はどうしたいのか?



ちょっと難しいですけど、わからなくなったら


ノートに書き出してください。


自分の性格を箇条書きにしてみて。



そこから自己分析してみてはいかがでしょうか。



ではまた来週月曜に!

【】結婚相談所