BLOGブログ

結婚相談所

2020/03/02

BLOG

男性にはもう少し紳士教育が必要なのだ


レディファースト、ってどう思う?




こんにちは!!!



マヴィ安田です!



少し前の話になるのですが、昨年末にオペラ歌手のお友達が歌われるコンサートに行ってきた時の出来事について書かせてください。



彼女は素晴らしいソプラノ歌手です。


そのコンサートは彼女がゲストとして歌われた後、


後ろに並ばれている大コーラス隊の一員としてハレルヤ!を歌うという運びに。



大コーラス隊は1段2段と高い段上に並んでいるため、


ロングドレスを着た彼女は急な階段を登らなくてはいけません。


段上にはすでに並んでいる40−50人ほどの男女が横並びに立っています。


彼女が階段に足をかける上には男性たちが。


次の瞬間、私は本当にショックを受けました。


誰1人、彼女の手を取って段上に引っ張ってあげることをしなかったのですよ。


ステージで緊張しているのかもしれないけれど、知らんぷり。


彼女はロングドレスで、よいしょっと、段に上がった。


これが例えばアメリカだったら、フランスだったらどうなんだろう。



で、ここで(またまた、外国の話してるけど、ここは日本だからね 笑)とツッコミは今回はおいときます。



私のパートナーはフランス人ですが、彼に話したら



「まあ、フランスだったら段の上にいる男性は彼女の手を取ってヘルプするだろうね。 それをしないことの方が非難されるし。 やっぱり自然とそうするだろうね。」


という答え。


段の上にいて彼女が上がってくるのをじっと見ながら何もしなかった男性に罪はないのだと気付きました。


彼は、親にも誰にも教えてもらったことがないから、わからない。



紳士的な振る舞いの教育がないのですね。



だから仕方がないんだと思い腑に落ちました。



私のパートナーは、物心ついた時期からパパがママにしている紳士の振る舞いを見ているので、体に叩き込まれる。



例えば 日本人が挨拶の時にお辞儀をしたり会釈をするのは誰かに教わった訳でなく、親とか先生がやっているのを小さい頃から見ていて自然と自分もそうやる、それと同じ。



なので、違和感を感じる私はマイノリティなのかも、と思いました。



でもね、世界中の女性は紳士的な男性を素敵!と思うのですわ。



男は黙ってサッポロビールは、日本の文化だけれど今は令和2年。



紳士教育に目覚めたら少子高齢化を少し食い止めるんじゃないか?と思うのは私だけでしょうかね。。。(シンプルな考えです)



また来週月曜日にお逢いしましょう!!!!





【】結婚相談所